社会保険労務士 水野裕之のブログ

労務相談からプライベートまでありったけの情報を!!
国民年金と厚生年金又は共済年金の期間が重複した場合
国民年金と厚生及び共済の期間が重複した場合の措置はどうなるのでしょうか?

例えば、新たに厚生年金の被保険者期間が見つかり
その期間が国民年金の保険料を支払っていた場合を想定します。

結論から言えば、国民年金保険料を返還して厚生及び共済の期間を活かすことになります。
さて、この優先して厚生年金を活かすということは、大きな影響を与えることが予想されます。

例えば、旦那が奥様と生計維持関係にあり加給年金をもらっていて、その新たに見つかった厚生年金
の被保険者期間を足せば、奥様が20年以上の厚生年金被保険者になってしまった場合どうなるのでしょうか?場合によっては、足さないほうか夫婦で合算した年金額が高くなることも考えられるのです。

これは、これは、年金制度恐れ入りました。
[PR]
by himawari-office | 2013-03-29 20:22 | 年金・その他の法律
<< 平成27年10月から年金の受給... 求職者支援訓練について >>


by himawari-office
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧