社会保険労務士 水野裕之のブログ

労務相談からプライベートまでありったけの情報を!!
派遣と請負の違いについて
最近偽装請負と言って問題になっていますが、派遣と請負について説明いたします。

例えば、ある労働者甲さんをA社が雇用してその労働者をB社に派遣したことを想定してみましょう。A社が甲さんを雇用するわけですから労働契約は、A社と甲さんで結ばれます。
従いまして甲さんの出退勤の管理、給与支払い、就業規則の適用は、A社のものが適用されます。
では、甲さんとB社の関係は、甲さんはB社から労働に服するということです。
労働に服すると言うのは、B社の指揮監督の下働くということです。

では、請負はというと業務の時間管理、遂行方法などすべて自分で行うことをいいます。
これは、何時から何時までという勤務時間も関係なく、どんな方法で仕事をしようが自由であり、作業の完成について事業主として財政上、法律上すべて責任を負います。

偽装請負というのは、明らかに派遣の形態であるにもかかわらず、派遣業の許可や社会保険の加入の必要性から都合よく、請負と解釈して働くことをいいます。
ここ最近、国としては、目を光らせているところですのでお気をつけください。
[PR]
by himawari-office | 2007-07-30 17:21 | 各種許認可助成金
<< 更迭 派遣事業の許可について(許可要件) >>


by himawari-office
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧