社会保険労務士 水野裕之のブログ

労務相談からプライベートまでありったけの情報を!!
労働基準法91条の減給について
減給処分というのは、労働者が本来受け取るべき賃金の中から制裁として1定額を一方的に差し引く処分をいいます。

制裁というのは、遅刻、早退、職務上のミス等様々なものがありますが、そのときに必要以上に減給をして労働者の生活の安定を脅かさないようにするために91条があります。
これによると1回の事案につき1日の平均賃金の半額を超えて、また、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えて減給してはいけないと書いてあります。

わかりにくいですが、遅刻早退があったときに働いていない時間を賃金を差し引くのは、制裁ではないためこの減給の規定にあたりません。それ以上に制裁として上記金額を減給できませんという意味です。これは、職務上のミスで会社に損害を与えた場合もこの規定を受けますが、降格処分の場合はどうでしょうか?
この解釈によると降格で例えば役職手当が減給になった場合を想定すると「資格や役職、職務の等級を下げるにともなって賃金を切り下げる場合は減給でなく制裁にあたらない」と解釈されます。しかし、職責をそのままにして単に賃金だけを下げる場合は減給とみなされ制裁の対象となります。

また、それですまない場合があります。例えば、仕事中に飲酒運転したときや会社のお金を横領したとき等は、就業規則にのっとり最も重い懲戒解雇扱いとなります。

(制裁規定の制限)第91条 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。
[PR]
by himawari-office | 2007-09-11 11:43 | 労働条件
<< 個人情報って何? 管理監督者(労基法第41条)とは? >>


by himawari-office
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧