社会保険労務士 水野裕之のブログ

労務相談からプライベートまでありったけの情報を!!
カテゴリ:最近の時事( 10 )
セクハラパワハラを絡めた保険
先日、保険の営業マンと話をした中でセクハラパワハラの話になった。

現在、皆さんも知っているようにセクハラやパワハラで訴えられる会社が増えています。
それに対応できる保険として現在注目を集めているようです。

ただし、セクハラパワハラ保険に加入していても、厳しい条件があるようでして、就業規則等に起こった時の対応等の明記して周知した上での事故の場合に保険が下りるのだそうです。

単に保険に入っていたから何でも保険が下りるのではなく、会社で起こった場合の防衛策を講じた上での補償だそうです。

そうでしょうね。もし、なんでも保険で対応できるのであれば、会社は、起きないようにする努力を怠ることを考えれば、妥当ですね。ちなみに精神疾患は、原因が重要で原因がセクハラパワハラに基づけば保険がきくとのことです。
[PR]
by himawari-office | 2013-08-14 20:39 | 最近の時事
年金相談をやっていて思うこと①
年金相談の窓口をやっていて思うこととして加給年金があります。
この加給年金というのは、クセモノでしてよく、ケースによっては、納得できないこととしてクレームが出ますね。

よくあるのは、夫婦揃って一生懸命働いたあげく、この加給年金および振替加算をもらい損ねてしまうケースです。この加給年金は、厚生年金に20年以上かけた等の場合に出るのですが、夫婦両方が、20年以上かけてしまうと状況にもよりますが、夫婦両方の加給年金が、支給停止になってしまうのです。

この心理としては、夫婦一生懸命働いて厚生年金保険料をかけてきたのにどうして・・・と絶句してしまいます。確かにお気の毒としか言いようがないのですが、制度ですので仕方ありません。

その時は、20年以上かけてきたのですから厚生年金額は、高額になりますから決して損はしてませんよと理解していただくしかないですね。

この時に思ったのは、働くことができる健康が、一番大事だということです。
年金は、働くことができなくなったときの保険と考えたほうが、前向きで人生楽しいのかなと思います。
[PR]
by himawari-office | 2012-10-05 21:36 | 最近の時事
誕生から3か月
平成24年(2012年)5月9日午後2時18分に藤村レディスクリニックにて長男 正都まさとが誕生してからもう4か月が経過した。

f0141096_21201679.jpg

この4か月は、あっという間に経過したように過ぎていった。
正都は、順調に育ち、最初の佑香に比べておとなしい。
この子は、本当にかわいい。
[PR]
by himawari-office | 2012-09-09 21:34 | 最近の時事
ワークライフバランス
ワークライフバランス皆様知っていらっしゃいますか?
私は、言葉だけで本当の意味を知りませんでした。

要するに「仕事と生活の調和」これでは、難しいため
噛み砕いていうと
「仕事ばっかりしているのじゃなくて、もっと、子育て、
自己啓発、趣味 等に時間を費やしてください」
という意味だろうか。違ったらごめんなさい。

もちろん世界的に見れば、日本は仕事天国と
いえるだろう。これは、周りの環境が影響される
ため国が音頭をとってすることには、意義がありますね。
私の妻の出身地のフィリピンでは、一部の都会を除いて
本当にのんびりムードで「もっと仕事をするように」
と間逆である。

亀井大臣が、経済界を市場主義だと非難することは
間接的に判る気がしますが、個々の働く人もその中に
巻き込まれないように予防策を張る必要があるようですね。

最近読んだ本「全サラリーマン社長化計画」を読んで
思ったことは、自由を得るためには、それなりの責任を
背負うことになりますが、理想の姿は、そうなんだなと
いうことです。もしろん個々人の適性もありますが。
[PR]
by himawari-office | 2009-10-09 20:15 | 最近の時事
遅れましたが、報告させていただきます。
皆様、ご無沙汰ですね。
報告させていただきますが、私は父になりました。
平成21年5月12日に無事長女が誕生いたしました。
ありがとうございます。

名前は、「佑香(ゆうか)」と申します。
とてもかわいくて仕方がないですね。
ずっと顔を見ていたいのが本音です。

妻と長女共々これからも宜しくお願いします。
[PR]
by himawari-office | 2009-06-02 18:57 | 最近の時事
悔やみきれないミス~電車編
私は、基本的に時間に遅れることが嫌いで何か約束事があると必ず早めに行かないと落ちつかない性格なのです。
しかし、つい最近、悔やみきれないミスで時間に遅れてお客さんに謝罪したことがあります。

その出来事を振りかってみましょう。

その日は、あるお客様に行くため電車で行くことになりました。                    私はいつものごとく場所の確認と電車でどれくらいかかり、どのくらい電車の本数が出ているのかをネットでシミュレーションして確認。

そして、途中、万が一トイレに行きたくなる場合も想定し、現地に30分前に着くように逆算していざ、挙行。完璧な体制で望みました。

順調に名古屋駅まで到着して、早めに着いたため席の確保を優先してホームにて待つことになる。しかし、時間が来ても一向に電車が来ない。最初は、多分、電車が遅れているんだ、「まったく、日本の電車も対したことなく私の方が正確なんだ」と、高をくくっていたら、目の前を乗るべき電車が通り過ぎるでは、ありませんか。

何だ!これは!(英語でオーマイゴットは、このときに使うものだな)と一瞬、顔面蒼白。

そして、冷静によく私の待っていた位置を確認すると、電車が4両編成だったため目の前に現れず、既に、私の後ろにしっかり電車が止まっていたのである。

参った。これには、降参だ。

このとき悟りました。いくら事前準備がしっかりしていても、経験者にはかなわないのかと。
[PR]
by himawari-office | 2008-05-11 11:14 | 最近の時事
年金のこと
先日、ある訪問先でこのように言われました。

相手様
「今度ね、社会保険事務所に今までかけていた年金を全額返してもらおうと言いに行こうと思うんだ。今まで誰もやっていないだろうから、案外返してもらえるかもね。」


「せっかくコツコツかけているのなら何とか25年加入まではいかないのでしょうか?その他、保険料免除制度もありますし、もったいない気がしますが・・・。

相手様
「そうかなぁ。だって、本当に保険料をどう使っているのか、わからんしなぁ。ひどいもんだよ」


「・・・そうですねぇ。しかし、万が一のこともありますからねぇ。・・・・」

立場上、年金の大切さをお伝えさせていただきたいのですが、最近、確実に年金離れが進んでいるように思います。少子高齢化に伴い社会保険料を納める方が減る一方で保険料が高くなることはやむを得ないことと思いますが。
国民年金の財源に2分の1の消費税を充てる政策が実行されますが、現在の働くことで年金額が減る在職老齢年金制度は腑に落ちないです。将来の年金を働くことで減らされては、たまらないと思われる方も多いでしょうに。根本的な働く世代の労働力不足に合わせた年金財源の不足を補うのは、日本自体が労働力を世界に開放する道がいいのように思いますが、いかがでしょうか。
[PR]
by himawari-office | 2007-11-20 12:53 | 最近の時事
裁判員制度
先日、セミナーで裁判員制度について聞いてきました。
この制度、ご存知かと思いますが、一般の方が裁判に参加して健全な社会常識を裁判で生かそうという試みです。重大犯罪の刑事裁判で事実認定・法の適用・量刑の判断を一般の国民を交えて行うものです。

映画「それでもボクは、やっていない」を思いましましたが、人が人を裁くのは、本当に難しく奥が深いことです。制度の細かいことはどうであれ、選ばれた人は、荷が重いと思います。一生で67名のうち1名は、選ばれるとのこと。

代理人となって被告の運命を握る弁護士さんもかなりきつい職業だと思っていますが、この裁判員も自分が出した結論が被告の運命を握っていると考えるとつらいでしょうね。

人は、情の動物ですから、反省して出直そうとしているように見える人に対してどうしても甘くなる、一方で犯罪をした後で後悔した態度を出さない人には厳罰がくだされる。
犯罪とは別問題なのに。当然と言えば当然ですが、人の中身は所詮誰にもわかりませんし、態度にでるとはいえ、どうなんでしょう。いずれにせよ、この制度いいのかどうか、難しい問題です。
[PR]
by himawari-office | 2007-11-06 12:48 | 最近の時事
地球温暖化を思う
このような暑い日が続くとなるとどうしても地球温暖化について考えてしまうのは、私だけだろうか。日常のこの暑さの中でいると横をとおりすぎる車の廃棄ガスが原因と考えるのは、短絡的と思うかもしれない。
しかし、専門家によれば、以前より気温が上昇している現実は、どうしても変えられない。

温暖化の原因に人間よる行為があるのなら、co2の排出に変わる代替燃料の開発へ向かうのは当然であるし、何より現行の車に依存する人の体質を改める必要性があるのは、必然だろう。

環境に配慮する社会。私は、一応、色んな意味で効率的ということもあり、いつも自転車で市内を走っているが、ときたま特に雨のときは、どうしても車が恋しくなるのが現実ですね。
[PR]
by himawari-office | 2007-09-04 13:20 | 最近の時事
年金の加入履歴漏れについて
年金の記録が約5,000万件漏れていたことが問題となっています。
私は、父親がちょうど年金の受給できるころに社会保険労務士の資格を取ました。
そのこともあり父親の加入履歴に沿ってもらいそびれなく年金受給の申請のお手伝いをしたのです。

そのとき思ったのは、もちろん本人は年金の保険料を明細で支払っていることは知っていますが、いつからいくらもらうのかなのは、当然国が管理しており本人が調べて申請することをあまり関知していませんでした。もちろん年金を受給する方すべてがそうではないのですが年金受給に関して国を信頼しており、まさか加入履歴がなくなりもらい損なうことなんてありえないと思っているではないでしょうか。

会社で勤めていらっしゃる方や国民年金を納めている方が、今回の履歴漏れについて深く憤っているのは、当然のことです。これが民間の会社だったらどうなっていたのでしょうか。
あくまでも国が運営しているとはいえ、このようなサービス面でひどさを露呈してしまっては、制度自体を解体したほうがいいのではないかとさえ思ってしまいます。

そこで私達社会保険労務士が少しでもコツコツまじめに年金を納めているかたが受給できるように御手伝いできたらと思わずにはいられません。
[PR]
by himawari-office | 2007-08-27 15:33 | 最近の時事


by himawari-office
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧