社会保険労務士 水野裕之のブログ

労務相談からプライベートまでありったけの情報を!!
<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
出会い③
マニラから中部国際空港に着き帰りの名鉄で畑さんにそれとなく、彼女について結婚するかもしれないと仄めかしました。そのときは、フィリピンから日本に入国するのがいかに大変か、国際結婚はどんなものか、などまったく知らず勢いで話したため畑さんの反応は、驚きとともに冷静になったほうがいいぞとアドバイスをいただきました。

やはり帰国してから日本とフィリピンの距離は、嫌というほど感じました。国際電話は、高く、手紙を普通郵便で送ると約2週間から3週間、EMSという国際速達でも約10日ほどかかってしまいます。
そして、私の家族に伝えることになります。それとなく母にフィリピンの方とお付き合いをしていることを伝えるとあまりにも唐突でしかも意外だったためあり得ないという反応です。もちろんその話は、父にも伝わり電話でやめとけと一言言われてました。                                 やはり私のことを心配してくださっているのでしょう。畑さんに相談すると親として当然だと言われ高齢な人は仕方がないと言われました。しかし、会ったこともない方を拒絶するのは、おかしい事だと思いましたので逆にこの縁は結ばなければならないと反抗心が芽生えた次第です。 何か障害が発生すると何とか取り除こうする作用が働くものです。                 それに両親は、私の性格を把握しているようでしていなかったのでしょう。もし、その時「お前の人生だ。お前が責任もってきめな。」と言ったとしたら違った結果になったのかは、わかりません。

つづく
[PR]
by himawari-office | 2008-12-21 20:14 | 訪問・イベント
出会い②
あっという間に帰国する1月5日になりました。このフィリピン滞在は、日記に記してありますので、いつかブログで公開したいと思います。
帰国日は、正直つらいものがありました。
心のどこかで「フィリピンは近いし、こようと思えばいつでも来れる。」と思う反面、もう、来ないのではないかという不安な思いも混じって複雑な思いでした。

帰国前日は、気持ちをはっきりさせなければならないと私の彼女への思いを率直に伝えました。それは、今後、お付き合いをしていきたいこと、また、近日中にフィリピンに来ること、電話や手紙をすること、などだったと思います。

最後、ニノイアキノ空港第1ターミナルでお別れしましたが、表むき平静を装っておりましが、心の中は、めそめそと雨が降っており、畑さんも奥さんとお別れでしたので、私と畑さんは同じ思いをしていたのだと思います。好きというよりも、もっと一緒にいたいという思いでした。

畑さんは、私達の気持ちを知らなかったため、いつか言わないとと思いましたが、飛行機の中では、さすがに言えずじまいでした。

あとから何が決定的な要因になったのかと振り返るとこの短い期間ですしたが、不思議とお互い何でも言い合える関係だったことだと思います。お互い気を使わず接することができたことが
よかったです。

つづく
[PR]
by himawari-office | 2008-12-17 09:05 | 訪問・イベント
出会い①
パートナーとの出会いは、去年の年末にフィリピンへビジネス&レジャーで行ったのがきっかけです。
どうして行ったのかと言うと人に関するビジネスに興味があったのとフィリピンは、比較的近く第2次世界大戦での悲劇を通じて興味があったことがあります。

披露パーティーで正直におっしゃってたとおり現地の奥様と一緒に過ごすために「じゃま者」だった私をフィリピン各地に案内してもらったのが、パートナーとなるエドリンだったのです。

フィリピンでは、初めてのアジアとあって驚きの連続でした。トイレに紙がない。シャワーは、水、車やバイク、歩行者がごちゃ混ぜな街、日本人とみるとさかんにたかる 等々。
そんなとき親切にお互い下手な英語で案内していただいたことが始まりです。
もちろん、悪いところだけでなく、特にフィリピンの人々の親切な心に触れ感動いたしました。

後々聞くと「まさかこんなことになるとは。」と唖然としていましたが、私もまさかフィリピンという異国の地でパートナーとめぐりあえるとは、奇跡としか思えません。

つづく
[PR]
by himawari-office | 2008-12-16 12:04 | 訪問・イベント
結婚披露パーティーにご出席していただきありがとうございます。
先週の土曜日(平成20年12月13日)名古屋テレビ塔のタワーレストランで私水野 裕之とバルテ(旧姓)エドリンの結婚披露パーティーをさせていただきました。

ご出席していただきました皆様へ
お忙しい中、本当にありがとうございます。
皆様、楽しんでいただきましたでしょうか。
中には、久々にお会いさせていただく方も
いらっしゃって大変嬉しく思います。

その他の皆様へ
ご報告遅れまして申し訳ございませんが、私水野 裕之は、平成20年9月5日に入籍いたしました。お相手は、フィリピンのアンテポーロ出身のバルテ エドリンと申します。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


最後に
今回は、国際結婚となり正直、ここまでこれたことを感慨深く思います。
また、来年の5月には、第1子の誕生予定となっており大変楽しみに
している次第です。
また、出会ったいきさつなどをこのブログでお伝えできたらと思っております。

今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。
水野 裕之
[PR]
by himawari-office | 2008-12-15 15:53 | 訪問・イベント
行ってみたいところ
さてパタパタ掲示版の次は、やはり空港から行ってみたいところについて書きましょう。
ここ最近、海外に出てみたい。

日本は、海に囲まれた国。従いまして外国=あかごれでしょうか。
しかし、日本人でも海外に出たことがない人が多いですね。
その人たちに聞くと理由は以下のようなところか。
①外国は、言葉もわからず怖いから嫌。
②飛行機が怖くて嫌。

何かもったいない気がしますね。
そうそうこの前、ある方がこんなことを行ってました。
「美術館で絵画を見ている人は、結局自分が絵画見ていることに
満足しているのだと思うよ。本当に絵の良さがわかってみているのかねぇ。」

確かにそうだと思わず納得してしまった。
自分もモナリザを見たことに満足しているのであって絵の良さなんて
本当にわかっていないことに気付いた次第です。

つづく
[PR]
by himawari-office | 2008-12-10 17:57 | 雑談
空港にあるパタパタ掲示板
空港に行ったときなんといってもパタパタ掲示版がなつかしいですね。
昔は、現在の味気ない電光掲示版ではなく
「パタパタパタ・・・・」式のアナログ掲示板だったんだよな。

もう備考欄に「BORDING」「搭乗中」になりテイクオフをすると例の
「パタパタパタパタ・・」一斉に音と共に表示が繰り上がる。

やっぱりあれが空港の売りですね。
あのパタパタ式掲示板は、早さと音で勝負がきまります。
パタンパタンと1つ1つの動きがにぶく音も濁音が入ると質がよくない。
逆に勢いよくパタパタパタ・・・と回転が速くスムーズなときはグッド。

昔あったベストテンで順位を発表するときにまねをして「パタパタ」式
掲示板を使ってましたが、動体視力を駆使してパタパタを見極める
訓練をしていた記憶があるなぁ。

もう一度見てみたいので誰かどこに行けば見れるか教えてください。
[PR]
by himawari-office | 2008-12-09 15:56 | 雑談


by himawari-office
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧