社会保険労務士 水野裕之のブログ

労務相談からプライベートまでありったけの情報を!!
リトルワールドの花火
8月10日の土曜日に花火を見にリトルワールドへ行きました。
暑い日だったため夕方4時ごろ家を出発。

午後17時30分ごろ到着。
その後、ドイツのバイエルンの村へ歩いて移動。

広場で大道芸を見たり、近くをウロウロして時間をつぶす。
子供におもちゃを買ったり、かき氷、インドカレーのナンを食べたりと
気ままに過ごす。

午後8時30分にいよいよクライマックスの花火です。
家族で私しか生で見たことがないというのでこの企画、バッチリ。

もっと高くに上がるのかなとおもったら意外に小スケールであるが
きれいに花火が咲きました。感動して涙がでそうになりました。
この花火は、いい思い出になりました。

それにしてもこのリトルワールドもっと人気が出てもいいかもしれません。
私は、2005年の万博を思い出しましたが、民族衣装を着たり
外国の料理を食べたり、建物を見たりと、面白いですよ。
是非、寄ってみてください。

f0141096_141565.jpg
f0141096_14153742.jpg
f0141096_14155279.jpg

[PR]
# by himawari-office | 2013-08-12 21:06 | 訪問・イベント
大阪訪問記 平成25年7月14日~16日
先月、妻のパスポートの更新を兼ねて大阪を訪問しました。
結構、大阪の領事館には行きましたのでもう、慣れており比較的道に迷うこともなく、のんびり旅となりました。

行きは、ホテルが大阪南部ということもあり名阪国道で向かう。
すごい雨に打たれてくねくね道を行き、午後6時ごろホテルに到着。
久々に大将で夕食を食べて満足。

次の日は、祝日だが混んでるとは思ってはいたが、まさかこんなに混んでいるとは
海遊館へ行く。
行く途中、高速道路を少々使ったが、高いところを走るため怖いのなんのこれしき。
下を見れば、海で落ちるかと思うと怖くてアクセルが踏めない。手に汗がびっしょり。
そんな思いをしながら海遊館に10時前に到着。
もうすでにすごい人がチケットブースで待っている。
ホテルで事前にチケットを買ってよかった。

f0141096_11103973.jpg

暑くて人が多いのか少々不機嫌な二人。
f0141096_11111240.jpg

天保山の観覧車をバックに。ちなみに乗っていません。
f0141096_111486.jpg


海遊館は、大きな水槽が中心にありその周りにたくさんの魚を見ることができる。
名古屋港水族館とは、大きさが違う。しかし、イルカショーがないのが特徴。

午後からは、天保山マーケットプレイスを見学してホテルに戻る。そのあとは、ホテル周辺のドンキホーテとかを見て明日の領事館に備える。

午前9時ごろには、大阪ビジネスパーク内にある大阪領事館へ到着。運よくすいていて手続きは、すんなり終了。その後、大阪の北エリアであの観覧車へ娘と乗る。
ここは、妻と結婚の手続きの際にも2人で乗った覚えがあるが、妻は覚えていないとのこと。まだ、5年前だが。残念。

f0141096_11194286.jpg

私は、高所恐怖症で名古屋栄の観覧車に乗ったときは、風が強くて怖かったが、この観覧車は高いが、なぜかあまり怖さはなかった。大阪の街は、やはり大都会だ。
f0141096_11205880.jpg

アメリカの都市を思わせるビル群で圧倒された。
f0141096_1121389.jpg

何か妻と2人で乗った観覧車に今度は、娘と2人で乗ることになるとは、と思うと感慨深い。
今度は、誰と乗るのだろうか。5年後楽しみだな。

その後は、とっとと名神と新名神を使って午後6時ごろ帰宅。
正都が生まれて初めて遠くへ行ったが、かなり暑い中を疲れました。
[PR]
# by himawari-office | 2013-08-06 20:40 | 訪問・イベント
パートに対する厚生年金の適用強化について
パートに対する厚生年金保険の適用強化が、平成28年10月1日から施行されるのが決まりました。

現行:)1日又は1週の所定労働時間及び1月の所定労働日数が当該事業所において同種の業務に従事する通常の就労者の所定労働時間及び所定労働日数のおおむね4分の3以上である就労者については、原則として健康保険及び厚生年金保険の被保険者として取扱いべきものであること。
                          
              ↓

改正:)上記基準を満たす総数が常時500人を超える事業所にあっては、上記基準に該当しなくても、①1週間の所定労働時間が、20時間以上、②当該事業所に継続して1年以上使用される見込みがあること、③報酬が月額88,000円以上で高校や大学等の生徒でないこと
上記のいずれかに該当した場合、厚生年金の被保険者資格を満たすとすること。

以上のように改訂されます。
また、さらなる適用拡大については、平成31年9月30日までに検討するとのこと。
現在は、大手(500人以上の会社、おおむね20万人ぐらいが新たな適用となるらしい)のみの対象を下げて厚生年金の適用を拡大していく流れは、間違いないです。
[PR]
# by himawari-office | 2013-06-24 18:30 | 社会保険・給与計算
心に残る名言
以前から、印象に残った名言をお伝えします。

それば、英国のブラウン元首相の言葉です。
ブラウン元首相は、ブレア元首相に比べて地味で失言も多かったですが、飛んでもない名言を吐いています。それは、
「子供は人口の20%だが、未来の100%だ。」
「Children are 30% of the world's populatin, but 100% of our future」
です。

この言葉を聞いて素直に感動しました。
単なる1文にすぎませんが、意味が深すぎます。

未来に活躍すべき子供に十分な教育を与えれば、国の将来は安泰だと
いう意味だと解釈しましたが、そのとおりだなと思う。

この言葉一つで国の将来の政策が決まるほど重要な意味をもっていると思います。
[PR]
# by himawari-office | 2013-06-04 20:04 | 雑談
働くべきか、年金をもらうべきか(長期特例)
この相談は、究極な相談だろう。働くべきか、年金をもらうべきか。

この相談で一番出てくるのは、「長期特例」というものだろう。

長期特例を簡単に説明すると
厚生年金に44年以上(528月以上)かけている者は
定額発生時(通常は65歳)をまたずに定額部分と条件がそろえば
加給年金を前倒しにもらえることをいう。

ここで大事な条件に「報酬比例の支給開始年齢に達していて厚生年金の被保険者でないこと」がある。
この被保険者でないという部分が重要です。
被保険者でない、すなわち、退社するか、正社員と比べて4分の3未満の
労働日数または、労働時間で働くことを意味します。

通常この条件をいうと「うーん」完全に悩んでしまいます。
もちろん見込み額を算出すると長期特例に該当する場合は、結構高額な年金額
になるため、さらに悩みが深くなります。

私もここで、選択はあくまでもあなたですよと伝えますが
どうにしても時間がかかり、アドバイスを求めてくる場合は
「年金は、退職したら絶対もらえるものですが会社からの
給与は、わかりませんよね。だったら、健康なうちは、働いて
どうしても体がきつくなってからもらったらいいのではないでしょうか。
もちろん、かけた保険料分は、年金額も上がりますし。」
とやんわりといいます。

そうは言っても、やはり悩んで帰られます。
どうして、退社するのが条件なのか、私にとってはなぞです。
長く勤めていたのだから、退社して年金生活に入ったほうがいいという
制度にしか見えないのは、私だけでしょうか。
[PR]
# by himawari-office | 2013-05-31 20:35 | 年金・その他の法律


by himawari-office
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
プルデンシャル生命保険の情報
from プルデンシャル生命保険
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧